●再び世界大会へ!

そして、8年後、世界大会を観る事ができなかった親の悔しい思いを断ち切ってくれるかのように、息子は、ボウリングに励み、再び、世界大会出場の権利を得ました。4年ごとに開催される世界大会、今回初めて開催国は、アメリカではなく「アイルランド」でした。もう2度とこの機会を逃すわけにはいきません。最初の頃は、SO日本・東京も立ち上がったばかりでアスリートの人数も少なく、世界大会に出場希望者に選ばれる事は容易でしたが、この頃には、アスリートの人数も多くなり、世界大会に参加できるのは狭き門になっていました。話によれば、日本での評価だけでなく、アメリカワシントンDCSO国際本部にも、日頃の成果の記録が提出され、それによって許可が出るという話でした。大会期間中、アスリートのホームステイ体験はもちろんの事、今回の大会では、家族であるファミリーに対してもホームステイの体験ができる企画た。があるという事でした。それで、こんなチャンスは二度とないと思い、英語もできないのに申し込みました。そこから、泥縄式の英語の勉強が始まりました。日頃、仲良くさせて頂いているボランティアTさんのお嬢さんに英語の教師になって頂き英語の勉強が始まりました。ホームステイ先が決まるとホームステイ先とメールでのやりとりで情報交換をしました。仕事をしながら、英語の勉強、大会に出場する息子のための手続き、説明会など、忙しい日々が続きまし

日本選手団のバス(右側)に歓迎の旗を振るニューブリッジの人々
日本選手団のバス(右側)に歓迎の旗を振るニューブリッジの人々

2003年6月「第11回スペシャルオリンピックス夏季世界大会・ダブリン」日本選手団77名 参加:約160カ国・地域 世界大会はアイルランドで開催されました息子たちは一足先にボランティアさん達と出発し、開会式のホームスティを体験しています。

私達応援組は、後から出発しました。

私たちより一足先にボランティアコーチらと共に出発しアイルランドに向かった息子達アスリートは、ニューブリッジで4日間のホームスティ生活を楽しんでいました。いくら、コーチと一緒とは言え、障碍者2人がアイルランドの一般の家にホームステイできるとは、なんと心広いのでしょう!日本では考えられないことです。やはり、宗教的な土台ができているからなのでしょうか?息子は、出来事を話すことができなかったので、後から写真を見て、「ああ、こんなことも体験させてもらえたのだな~」と感謝の気持ちで一杯です。

アイルランド夏季世界大会開会式が行われる競技場は人、人で埋め尽くされていました。世界中から出場している選手とその応援に来たファミリー達と地元アイルランドの人々で一杯です。とはいうものの、国と国が競うわけではないので、国旗は掲げません。セレモニーは、アイルランドのアイリッシュダンスの素晴らしい踊り、ロックバンド「U2」の演奏の後、創始者ユニス・ケネディ・シュライバーさん、アイルランドの女性大統領(当時)、アーノルド・シュワルツネッカー氏、ネルソン・マンデラ氏、世界でも名だたる人々がお祝いの挨拶をします。オリンピックのセレモニーと寸分違わず、もう驚きの連続です。最後は、聖火点火、会場一杯に花開く花火とともに競技大会のスタートが切られました。華やかな開会式に感動し、こんな立派な開会式を見させてくれた息子の成長に感謝の気持ちで一杯でした。日本では、テレビでも取材してくれなかったのに、アイルランドでは、毎日、「スペシャルオリンピックス」の世界大会の様子が放映されていました。「スペシャルオリンピックス」の良さは、記録を競うのではなく、本人の「頑張る力」を表彰するのです。「スペシャルオリンピックス」をもっと知って欲しいと思いました。

 

 

●世界大会ボウリング競技の会場で

ボウリングの競技会場は、私のホームステイ先とはかなり離れており、ホームステイ先のご主人が競技会場まで車で送ってくださいました。会場は彩り鮮やかに飾られており華やかな雰囲気で一杯です。日本からきたホテル宿泊組のファミリー達と初めて一緒になり、それぞれ我が子の出番を待ちました。

自閉症は、周りの空気を読むことは苦手です。だからいつもポーカーフェイスで喜怒哀楽もでないので、息子も仏頂面で出てくると思いましたが、ニコニコ顔で出場してきました。驚きです。レベル別に組み分ける為のディビジョニングの時に、予想だにしない思わぬ事がおきました。競技が始まると「ストーン!」と後ろにボウリングの球を落としてしまうではありませんか?今までこのような失敗は1度もなかったのですが。息子が緊張しているという事がすぐにわかりました。息子の中に「緊張」と言う文字は無いと思っていたので、すごい驚きです。その場の雰囲気がわかると言う事は、素晴らしい成長だと思いました。内と外との違いがわかってきた証拠です。ホームステイ先の写真では、我が家と同じような態度をとっていますが。競技の結果はどうであれ、いろいろな体験が確実に息子の成長の糧として蓄えられているような場面でした。

 

●ファミリ-のホームステイ

私達ファミリー応援組は、後から出発しました。方向音痴の私はドキドキしながら、同じくホームスティを体験するファミリーのお父さんとイギリスまでは一緒にいる事ができ、イギリスでは、ダイアナ妃の住んでいたお城の近くの公園などを散歩することができました。イギリスの道路の舗装状況を見て、如何に日本の道路が素晴らしいか実感しました。昔人間の私は、今まで、日本は遅れていて、ヨーロッパは全て進んでいると考えていたからです。ただ、池だけは、日本と違い、柵などもなく自然を生かし、白鳥などが居た池は良かったと思います。イギリスから小さな飛行機に乗り換え、アイルランドに行きました。アイルランドからは、それぞれ、ホームステイ先が違うので、そこで、ファミリーとはさよならしました。どうなるかと不安に思っていましたが、ホームステイ先のご主人が迎えに来てくれていました。さあ、ここから、私一人英語で対応しなければなりません。最初の挨拶から、戸惑ってしまいました。計算が狂ってしまいました。今まで、発音に注意され気をつけてきたのですが、アイルランドは「なまり」があり、聞き取れないのです。東北弁と東京弁くらいの違いのように感じました。さあ、どうしよう?不安に駆られてホームステイ先に到着。そうすると、もう一組、ペルーからの日系二世のおじいちゃん、おばあちゃんがホームステイしていました。おじいちゃん、おばあちゃんと言っても、アスリートのご両親です。まず、そのおばあちゃんが私に「日本人のお友達なのよ」と見せてくれた「名刺」に驚きました。その名刺に書かれていた名前は、いつもお世話になっているご近所の方で、今回のホームステイの件で英語の教師をしてくれたお嬢さんのお母さん、SOのプログラムでも一緒にボランティア活動をしています。そのTさんの名前が書かれていたのです。このアイルランドで起こった奇跡とも言わせる、アメリカ、日本、ペルーとの人間関係をつなぎ合わせた「スペシャルオリンピックス」の力と不思議な縁を感じました。そのペルー人ご夫婦は、ダウン症のお嬢さんが、息子も参加した「コネチカット大会」出場し、応援に行ったその時にTさんと知り合ったというのです。このおばあちゃんが、日本語を話せたおかげで、随分助けられました。ホームスティ先のご主人は、「ギネスビール」に勤めており、わざわざ会社を休み、私とペルー人ご夫婦3人の足となり、車であちらこちらに連れてってくださいました。

私のホームスティ体験は、Tさんとお友達になったというペルー人のおばあちゃんに助けられながら、本当に2度と味わう事ができない温かい体験をする事ができました。日本から持って行った「折り紙」でご近所の子供達を呼び、「折り鶴」の折り方を教えたり、日本の手巻き寿司を作ってご馳走したりの日々を送りました。ご主人の会社「ギネスビール」の会社を見学したり、甥の方が、船を持っており「クルージング」に連れて行ってくださる予定でしたが、船に乗るとあいにく雲行きが怪しくなり、出航は無理だという事になり、船の中の見学だけで終わりました。最終日には、ホームステイ先のご夫婦が、ご近所さんご家族にも呼びかけお別れパーティーを開いてくれました。ペルー人夫婦と私のためにご主人は、ご近所の方と一緒にギターを弾きながら歌を歌ったり、記念の植樹を行ったり、楽しいひと時を過ごすことができました。そのパーティの席で、ホームスティ先のご主人が招待した養護学校の先生に、日本から持って行った療育おもちゃ「魚つり」を贈呈し大変喜ばれました。夜には近くの「パブ」に出かけ、大人ならでの楽しいひと時を過ごすことができました。

これも、小さい頃、息子の将来が見えず、ただひたすら頑張ってきたおかげで、息子が与えてくれたご褒美だと思いました。

 

障がい児をもつファミリーにお伝えしたいのは、幼少期から家庭生活の中で教育し、障がい児を自立させる必要があるということです。親の背丈を超えるようになったら、力が強くなり、頑固になり、教育しようにも手の施しようがありません。親が体力のある若いうちに教育し頑張れば、年を取ったら、障がいを持つ子供に助けられながら豊かな人生を送れます。同じ境遇にある保護者の方、私の育児記録をご覧の上、実践してみてください。