発達障がい児の教育で何が大切でしょう?


知的発達障がいのお子さんに、親は何とかして学校の授業についていけることを望み、勉強をおしえますが、

勉強を教える前に、子供が母親のお腹の中に忘れてきた力、子供自らが伸びる「発達の芽」を導き出し、長い時間をかけ、ほめて、自信を与え、運動をし、睡眠をしっかりとり、脳が目覚めている時に教育することが大切です。基礎をしっかり築いてあげることにより、子供は自らの足で階段を昇っていくでしょう。

 

「お母さん」43才で初めて発した言葉


通勤寮の寮長さんから色々質問されています。
「ご飯は誰が作ってくれていますか?」 息子:「おかあさん」。
「お掃除は誰がしてくれていますか? 息子:「おかあさん」。

43年間待ちに待った言葉。
生まれて初めて息子から発せられる「おかあさん」という言葉。
私は只々驚きと感動で胸が一杯になりました。

「おかあさん」という単語が、私を意味する言葉だとわかっていたのだ。
という驚きと、質問に対してきちんと答えられている。「面接」が成立している。


3歳の頃の息子は「ウーウー」唸るだけで狼少年のようで、「言葉」がある事さえわからず、ヘレンケラーとサリバン先生のように、一緒に行動し、言葉がある事を教えてきました。相手の話す内容は理解できても、45歳になっても1~2歳並かそれ以下の言語能力しかありません。そんなことも踏まえ、親亡き後、一人暮らしは無理だろうと寮生活を経験するため、「通勤寮」を申し込みました。

その場で寮長さんから、「面接をします。お母さんは黙って見ていてください。」と言われました。あまりにも突然の事。家でも母親との会話がままならない状態の上、他人とは緊張の為、声が出づらくなり私が「挨拶するのよ」と促し、「こんにちは」というのがやっとです。それ以上の言葉は出てきません。全く他人との言葉のやりとり「会話」、「面接」が成立するかどうか?私は無理だろうと思っていました。

 ところが・・・、答えが出るまで時間はかかりましたが、「面接」は成立しました。

質問の意味を理解し、答えを導きだすまで、大変な労力であったと思いますが、「おかあさん」という言葉がでてから、日々、新しい言葉が増え、言語能力は成長しています。

健常児の発達が「ママ、パパ」という言葉が出て発達していくように、障碍を持っていても「発達の芽」はあり、早いか遅いかの違いであることがわかりました。


言語能力は、遅れていても、「基本的生活習慣」や「マナー」、「知識」など厳しく教えてきたので、今では、一人で電車で通勤し大企業にも就職できています。余暇時間もスポーツをしたり、楽しく生活できています。

 

小さい頃は考えられなかった現在の成長ぶりは、素晴らしい先生との出会いがあり、その指導を仰ぎながら実践してきた教育が正しかった成果と感じています。

 

発達障害を持つファミリーに、指導する場合の考え方、教育内容をお伝えしたいと思います。

 

関係リンク先


いたづら書きでも、几帳面に丸が並ぶ。

4才、幼稚園で版画。

鳥?人間?

 

5才。ハサミを使って、数字を作る。